不眠症

慢性便秘イメージ画像 日本人の5人に1人は不眠症に悩んでいると言われています。又、不眠症には幾つかのタイプがあります。

入眠障害
一般的に“布団に入って眠れない・・”と悩んでいる方はこのタイプです。
中途覚醒
中高年に多く見られるタイプで運動不足が原因の事もあります。
早朝覚醒
お年寄りに多く見られます。朝早く目が覚めてしまい、再び寝る事が出来ません。
熟睡障害
睡眠の時間が長く、寝不足では無いのですが、眠りが浅く、熟眠感がありません。
不眠の主な原因と改善方法
不眠の主な原因には、環境の変化、騒音、温度、湿度等がありますが、それらの要素は単独でなく、関連しあっている場合もあります。

改善方法も薬物療法〜非薬物療法まで、幾つかありますが、夕方以降激しい運動をさけたり、寝る直前のストレッチ、カフェインの摂取を控えてみましょう。お酒を飲むと眠れそうな気がしますが、帰って逆効果です。リラックスした状態で高電位治療を行う事も不眠症改善に役立つ事があります。